思ったより原因が根深い 巻き爪・ハンマートゥ

エコライフ 巻き爪

 足の指が巻き爪になり、その痛みで歩行困難になったり普段の生活の中で苦しんでいる人がいます。

 

巻き爪は、サンダルやミュールの季節になると気になる、

趾のトラブルです。本来ならまっすぐに伸びる親趾の爪が、前に伸びる事ができまくなり、爪が横方向へ巻いて成長してしまい、ひどくなると痛みも伴います。 

ハンマートゥ(変形性指関節症)は、その名のとおり趾がハンマーのように曲がってしまうことです。自覚のない人も多いですが、ひどいときは痛みも伴ってきます。 

 

ハンマートゥの原因は、合わない靴を継続して履き続けている事があると言われています。もう一つに、ゆがんだ歩き方や姿勢を続けている事も悪影響を及ぼしています。そのため、足指のゆがみと体のゆがみの両方が改善されないと、ハンマートゥの解決はないのです。

巻き爪はあわない靴を履いていることなど、靴が原因となることが多いとされています。

ハイヒールなど先の細い靴は、爪は横から圧迫され続けます。また大きすぎる靴、自分にあっていない靴を履いていると、靴の中で足が動くことになり 趾の先が靴にあたって、つま先に負担がかかり、爪が圧迫され巻き爪の原因になってしまいます。 

歩いたとき足が遊ばないようにしているかどうかというポイントになります。 靴紐は、靴を履くときに、ちゃんと締めなおし足囲がゆるまないようにしましょう。  

歩き方でも巻き爪に・・・!

足の爪と、歩き方には、やはり関係があります。

たとえば、つま先から着地するような歩き方になるような、ヒールの高い靴を履いていたら? つま先にかなりの圧迫がかかります。つま先にかかるということは、足の爪にも圧迫が加わります。 すると、爪の変形や、外反母趾を招く原因となる可能性があるわけです。

では、正しい歩き方のポイントは?

かかとからの着地

姿勢が、前かがみや反り腰にならない 、といったポイントがあります。

歩くときに大切なのは、上半身の動きも大事なのです。

腕をしっかり振って歩 というのは見た目だけの問題でなく、正しい姿勢を保ちながら歩くという面で 重要なのです。正しい姿勢で歩くことによって、巻き爪の予防だけでなく、腰痛なども悪い姿勢で歩くことから始まる場合もありますので、正しい姿勢で歩くことで、

巻き爪と同様に防ぐことができます。

 

 

解決方法

① 巻き爪を促進しないような靴選びのアドバイス

② 母趾を圧迫しないような靴の調整

③ インソール、テーピングでの開張足の軽減

④ 正しい姿勢、ウォーキングレッスン(体重移動を改善)

 

少し気長な方法になりますが、巻き爪の原因を取り去り、時間をおくことで、

自然治癒力によって 回復を目指します。

あなたにできるフットケアメニュー


 足半布ぞうりから始める

 フットケアサロン
 ecolife エコライフ

  
9:30~20:30
  ご予約・お問い合わせ
 080-8728-2640

布ぞうり:通販にて販売中! 

アクセス

最寄駅
 東葉高速線・新京成線

「北習志野駅」徒歩3分

癒しサロン エコライフ