靴が合わない人の悩み 角質・魚の目・タコ

エコライフ 角質、タコ

いつの頃からか、足の裏にできくっついて離れない

角質・タコ・魚の目。  

お風呂上がりに自分で削っても結局はまた再発する・・。

そんな経験はありませんか?  

あるくたびに痛みを感じる・・・もう治らないかな・・・・

そんな女性がかなり多いと思います。

 

実は痛まなくてもタコの出来ている部分には大きなストレスがかかっています。

魚の目・タコのできる原因は体の防御反応です。

継続して圧力や衝撃などの刺激を加えると、体はその刺激から体を守ろうとして皮膚を厚くします。

角質とは、その部分の皮膚細胞が死んだ「カス」

そして、その角質がもっとガンコになったものが「タコ」

さらに圧力がかかり続けて角質層の下に芯ができて神経を刺激してしまうのが「魚の目」です。  

●自分の足にフィットしていない靴を履いていたり、

●足の横アーチの崩れ(開張足)、

●足の特定部分に圧力がかかるような変な歩き方をしているとできるようで

 す。   

やってはいけないこと!!

魚の目やタコができると、その部分を削りたくなりますよね。

これは厳禁です。

魚の目やタコは体の防御反応であることはすでにお話しましたが、魚の目やタコを削ったりすればさらに

皮膚をガサガサに傷つけ、硬くなろうとしてしまうのです。

 

解決方法

① 負担がかかる部分への衝撃吸収材での保護 

  アーチ再生のためのインソール・テーピング  

② 正しい靴選びのアドバイス

③ ゆがんだ歩き方の矯正、姿勢つくり

 

 

あなたにできるフットケアメニュー


 足半布ぞうりから始める

 フットケアサロン
 ecolife エコライフ

  
9:30~20:30
  ご予約・お問い合わせ
 080-8728-2640

布ぞうり:通販にて販売中! 

アクセス

最寄駅
 東葉高速線・新京成線

「北習志野駅」徒歩3分

癒しサロン エコライフ